諦めない幼児 思考力アップ

今朝の読売新聞 「 学ぶ育む」欄の切り抜きです。


幼児期に物事を諦めずに挑戦するなど

「がんばる力」を身につけると、小学生になって思考力が高くなる傾向があることが研究でわかったそうです。


年長児の「がんばる力」を得点化して高・中・低の3グループに分類。

高いグループは、小1になった時、「勉強していてわからない時、自分で考え解決しようとする」子が70.4%いたが、真ん中のグループは52.5%、低いグループは34.4%だったそうです。

さらにこうした傾向は小4になっても続き、

自分の言葉で順序立てて相手にわかるように話せる「思考力」がある子は80.6%で、低いグループより24.2%高かった、という調査、研究結果がでたそうです。


幼児期から自分で工夫して行動する姿勢があることが、小学校入学後の新しい学習にもいい影響を与えているのですね。

子どもが「がんばる力」を身につけるには、

保護者の方も子どもの意欲を大切にすることが必要です。


カンナ幼児教室では、

まさにその「がんばる力」を育む指導をしています。

「思考力」を育むことを重視し、

考えることの楽しさを味わえるようなカリキュラムを作っています。

「わかった!」「できた!」

の声が授業の中でたくさん聞こえます。

幼児期にする学習は、「お勉強は楽しい」と思ってもらえるように。


数の勉強には、様々な教材を使い、実際の数のやりとりをしながら理解するようにしています。

図形の勉強にはパズルも多数取り入れて、小学校の学習や中学受験の難問にもつながる平面図形、立体の図形の理解力、思考力を育てています。

お子さんは毎週のパズルに楽しく挑戦し、試行錯誤を経験し、「できた!」の喜びを味わいます。


近年の私立国立小学校の入試問題も、ペーパーでは「思考力」、行動観察その他では「がんばる力」を問う問題、課題の出題が多くなっています。

その2つの能力が高いことは、小学校に入学してからの学習態度につながるからなのですね。


ちかこ先生







春期講習 行動観察

ストップ&ラン


風船ゲーム


風船バレー


共同絵画 (電車と駅)



年度末に寄せて☘

桜の開花が始まる季節は別れの切なさややり遂げた達成感に満ちた時期🌸


桜が散り始める季節は不安と期待の時期🌸


学生時代や我が子の門出と何度も経験してきてもこの独特な感じは覚えています。今は教室のお子様達の大切な節目に出会える事に喜びを感じています。


カンナは新しい環境に慣れていないお子様にいつもと同じく両手を広げてお待ちしています。


不安の渦中にいるのはお子様よりお母様の方かもしれません。親御様の環境もお子様への教育も長い道のりで味方が居ればこそホッとできます。



大勢のお子様対象に次々と送り出すのではなく少人数の 親子様の長い育児教育の味方になりたいです。


教育の多様化、格差、将来の展望、そして幼児教育の無償化など国が抱えている問題はたくさんあります。幼児教育の無償化は諸手を上げて喜べるのか。保育者、教育者の質や環境は落ちないか・・多角的に見てプロとしての感性を磨かなければと改めて思う年度末です。


#卒園 #桜#育児 #教育 #幼児教育無償化

オルゴール

父方の叔母は80歳にして現役のピアノの先生です。


私は子供の時他の習い事は何もせず、叔母にピアノだけを習っていました。(今は下手ながらカンナでも子供達の歌の伴奏はしています)


そして実家がピアノ教室でした。


父も教師の傍ら、英語教室や絵画教室を開いていたので(今は公務員の副業は禁止ですが・・^_^)我が家は今でいうカルチャーセンターみたいでした😅(寺子屋かな?)

私がカンナを始めたのも子供の頃のそのような環境が影響しています。


ところで今日はその叔母の趣味であるオルゴール作りの体験をさせてもらいました。


オルガニートという種類で音符を紙に穴を開けて写し、手回しするときれいな音色で自作のオルゴールになります。私は「喜びの歌」を作りました。


まだあまり一般には知られてなく珍しい体験をしました。


看板

カンナの看板を出しました。


一階という立地条件の割には奥まっていて


通り過ぎる人もいるとか、、、


白とパステルカラーのロゴですから、


ちょっとだけ可憐に華やいだ感じになって


います。


どうぞ近隣の方気軽にリーフレットをお取り


ください!


西荻窪周辺の方、貴方様のお子様の興味、


好奇心を生かした知育幼児教室です!


お待ちしております。🥰



画風が変わった?

2歳になったばかりの子。


最近まで描いていた「顔」の表現に変化!


全部一つ目になった。(2つの目を描いていたのに🧐)


面白い!


ママも偉い。

「目は2つでしょ」なんて言わない。


こういうの好きだな。



ゆうこ先生



かわいいプレゼント


バレンタインデーに手作りのお菓子を、通っ


ている子からもらいました💖


彼女が考えたキャラクターらしい!


授業の合間に ほっ🥰


ゆうこ先生

できたよろこび

「出来た喜び」というのは幼児教育や学童の学習ではとても大切な事であるのは間違いありません。


しかし、そこで大人が見がちなのは出来た「結果」であり「評価」です。本当はその過程にこそ光が当たるべきです。


強制的にイヤイヤ出来た事と、生き生きと楽しみながら出来た事ではその精神(脳?)の在り方はぜんぜん違います。


幼児期にイヤイヤながら何かに取り組む事で得る結果は私はあまり賛成しません。


そうは言っても「小学校受験」やテストは結果が全て・・・という考え方や手段を選ぶ人もいます。


いいえ、過程がやはり大切です。過程を大切にした子供はいつかその満たされた喜びをどこかで生かせる事でしょう。停滞期も必要です。じっくり待ってあげたいものです。


教室の中でその考えを念頭に、日々お子様に関わりたいと思っております。


いっぱいいっぱい付けたいの 3歳


酒井

食べ物ウィーク

年中「おにぎり・のり巻き」


3歳「パフェ」


2歳「サンドイッチ」


ゆうこ先生

節分とプライベート

先週は「節分」に因んだ内容をどこかに入れた授業でした。


保育園や幼稚園には既に鬼が👹来た子も多く迫力がある鬼を真剣に怖がったであろう顔が目に浮かびます😁


昔話でも鬼は悪役ですがその中でも私が大好きな本は「泣いた赤鬼」です。是非お子様に見かけ 先入観と違う 寂しさ、優しさをしみじみ感じるお話しを読んであげてください。



土曜日の授業が終わり久々の飲み会に参加🍻


新宿歌舞伎町は若かりし頃はよく行ったものの、全くわからない状態になってしまいました💦💦


ちょうど一年前に「カンナ」を準備をしながら江戸川区の日本語学校で、インド 南米 

 東アジアを中心とした外国人に日本語を教えていた時の講師達です。


「教える」仕事をずっと追い求めていた私にとって、人生勉強 になったのは日本語教師でした。


今、「カンナ」で普遍的な人の情や角度を変えて広い視野でみるという事を念頭において、生かして行きたいと日々思っております。



酒井