(お)受験に相応しい母って?

行動観察・・自然なその子の姿。無理な型にはめない。6歳の成長に合ったバランス。

聞く、感じる、表現する!


ペーパー・・一定の集中力。諦めない力。できる喜び!


家庭・・基本的な生活習慣。揺るぎない愛着愛情が無条件に与えられる場。コミュニケーションの場。


つまり小学校受験って特別立派な事ができる

ことではなくて、幼児として身につけたいことが身についているのが大切。


こんなママの叫びがありました。

「先生、受験を辞めようと思います。私はおやつも手作りなんてしていないし、相応しい母ではないです」と真剣におっしゃっていました。受験をする子の母親はおやつは手作りするような人と思って自信喪失したようでしす。


愛情たっぷり注いで一生懸命育てているお母さんがなぜ 受験生の親に相応しくないのでしょうか!


受験に「お」が付く時代は終わりました。


そして幼児教室のあり方も変わってきています。


因みに上記のお子様は 某難関国立小学校に合格しました🙂




はじき絵 「宇宙 」年長児


#小学校受験 #行動観察 #基本的生活習慣

#ペーパー #はじき絵 #愛情愛着 #家庭

#幼児 #幼児教室 #6歳 #年長 #諦めない 

#集中力 #手作りおやつ



巧緻性

2歳児


大小も様々あると試行錯誤



4歳児

花型のおはじきだから、積むには同じ形を合わせて・・小さいからバランス


#2歳児#4歳児#巧緻性#幼児教室#大小

#おはじき

保育園を想う

大津の事故で幼い命が奪われた事をお悔やみ


申します。


またこの件で保育園や保育士に多くの注目


が集まっています。


私の友人達は何人も現役保育士で、年齢的


にも園長、主任クラスです。


たまに会うときは熱く保育や幼児のあり方に


ついて語り、同時に懸命に働く彼女達に


同年齢ながら頭が下がる思いをしています。


この事故は交通問題として焦点を当て、論じ


られる問題ではありますが、保育園事情と


しては昔と今との大きな違いに違和感を


持っています。


私が保育士をしていた時代は必ず園庭が


あり身近な外遊びができ、時々社会性や


季節感の活動で散歩に連れて行ったものです


。ところが年数を経て数年前に少しだけ保育


園のお手伝いに行った時に驚いた事がありま


した。


小綺麗な園舎があるものの園庭はなくエネル


ギーを持て余しているこどもの為に、午前も


午後も毎日のように散歩に行くのです。


聞く事によると多くの園がそのようであり、


近所の公園 歩道も毎日 保育園児の集団を見な


い日はありません。


こどもは外が大好きです。お散歩は大切な


活動の一環です。しかしこの理由には


待機児童解消の保育園乱立は否めません。


私も働く母でしたから保育園が増え、母親が


社会に多く出られる事を願っていますし、


家族のあり方、こどものあり方も様々ですか


ら保育園、幼稚園、こども園の存在の重要性


は必至だと思っております。


今、保育士不足、保育園の認可制度、


量もさる事ながら質が問われる時。便利ばか


りを追求するのではなく本質的なこどもの目線に立ち


小さい子が生活を送るに相応しいのか根本


を考える自治体や国でなければならないと


思っています。


指示行動がいつのまにか「ごっこ遊び」に。

脱線多いにけっこう!こどもは興味の塊だから😊


               母の日 ママの顔👩



#保育園 #大津事故 #保育士 #散歩 #認可保育園 #認証保育園#無認可保育園#園庭有る無い? #外遊び #季節 #社会性 #母の日 #ごっこ遊び




間違いさがし⁉

よしの桜が散り、八重桜が美しい時期です。


実家に八重桜があったので、濃いピンクに


染まる庭が懐かしいです。


しかし、新緑の季節に入ると、桜の木は毛虫


だらけ。🐛


母が棒に火を付けてあぶり落としていました。


東京でもそのような四季の営みがしっかり


あった時代でしたね。



今日は🌸に見たててハサミの活動。


Tシャツに地元愛が・・・


しかしなんか違いますね。わかりますか?



にしはぎくぼ?😊


#はさみ #西荻窪 #八重桜 #毛虫 #幼児教室

諦めない幼児 思考力アップ

今朝の読売新聞 「 学ぶ育む」欄の切り抜きです。


幼児期に物事を諦めずに挑戦するなど

「がんばる力」を身につけると、小学生になって思考力が高くなる傾向があることが研究でわかったそうです。


年長児の「がんばる力」を得点化して高・中・低の3グループに分類。

高いグループは、小1になった時、「勉強していてわからない時、自分で考え解決しようとする」子が70.4%いたが、真ん中のグループは52.5%、低いグループは34.4%だったそうです。

さらにこうした傾向は小4になっても続き、

自分の言葉で順序立てて相手にわかるように話せる「思考力」がある子は80.6%で、低いグループより24.2%高かった、という調査、研究結果がでたそうです。


幼児期から自分で工夫して行動する姿勢があることが、小学校入学後の新しい学習にもいい影響を与えているのですね。

子どもが「がんばる力」を身につけるには、

保護者の方も子どもの意欲を大切にすることが必要です。


カンナ幼児教室では、

まさにその「がんばる力」を育む指導をしています。

「思考力」を育むことを重視し、

考えることの楽しさを味わえるようなカリキュラムを作っています。

「わかった!」「できた!」

の声が授業の中でたくさん聞こえます。

幼児期にする学習は、「お勉強は楽しい」と思ってもらえるように。


数の勉強には、様々な教材を使い、実際の数のやりとりをしながら理解するようにしています。

図形の勉強にはパズルも多数取り入れて、小学校の学習や中学受験の難問にもつながる平面図形、立体の図形の理解力、思考力を育てています。

お子さんは毎週のパズルに楽しく挑戦し、試行錯誤を経験し、「できた!」の喜びを味わいます。


近年の私立国立小学校の入試問題も、ペーパーでは「思考力」、行動観察その他では「がんばる力」を問う問題、課題の出題が多くなっています。

その2つの能力が高いことは、小学校に入学してからの学習態度につながるからなのですね。


ちかこ先生







春期講習 行動観察

ストップ&ラン


風船ゲーム


風船バレー


共同絵画 (電車と駅)



年度末に寄せて☘

桜の開花が始まる季節は別れの切なさややり遂げた達成感に満ちた時期🌸


桜が散り始める季節は不安と期待の時期🌸


学生時代や我が子の門出と何度も経験してきてもこの独特な感じは覚えています。今は教室のお子様達の大切な節目に出会える事に喜びを感じています。


カンナは新しい環境に慣れていないお子様にいつもと同じく両手を広げてお待ちしています。


不安の渦中にいるのはお子様よりお母様の方かもしれません。親御様の環境もお子様への教育も長い道のりで味方が居ればこそホッとできます。



大勢のお子様対象に次々と送り出すのではなく少人数の 親子様の長い育児教育の味方になりたいです。


教育の多様化、格差、将来の展望、そして幼児教育の無償化など国が抱えている問題はたくさんあります。幼児教育の無償化は諸手を上げて喜べるのか。保育者、教育者の質や環境は落ちないか・・多角的に見てプロとしての感性を磨かなければと改めて思う年度末です。


#卒園 #桜#育児 #教育 #幼児教育無償化

オルゴール

父方の叔母は80歳にして現役のピアノの先生です。


私は子供の時他の習い事は何もせず、叔母にピアノだけを習っていました。(今は下手ながらカンナでも子供達の歌の伴奏はしています)


そして実家がピアノ教室でした。


父も教師の傍ら、英語教室や絵画教室を開いていたので(今は公務員の副業は禁止ですが・・^_^)我が家は今でいうカルチャーセンターみたいでした😅(寺子屋かな?)

私がカンナを始めたのも子供の頃のそのような環境が影響しています。


ところで今日はその叔母の趣味であるオルゴール作りの体験をさせてもらいました。


オルガニートという種類で音符を紙に穴を開けて写し、手回しするときれいな音色で自作のオルゴールになります。私は「喜びの歌」を作りました。


まだあまり一般には知られてなく珍しい体験をしました。


看板

カンナの看板を出しました。


一階という立地条件の割には奥まっていて


通り過ぎる人もいるとか、、、


白とパステルカラーのロゴですから、


ちょっとだけ可憐に華やいだ感じになって


います。


どうぞ近隣の方気軽にリーフレットをお取り


ください!


西荻窪周辺の方、貴方様のお子様の興味、


好奇心を生かした知育幼児教室です!


お待ちしております。🥰



画風が変わった?

2歳になったばかりの子。


最近まで描いていた「顔」の表現に変化!


全部一つ目になった。(2つの目を描いていたのに🧐)


面白い!


ママも偉い。

「目は2つでしょ」なんて言わない。


こういうの好きだな。



ゆうこ先生